そもそもリースバックとは

2023年5月18日

令和4年6月24日付で国土交通省が公表した「住宅のリースバックに関するガイドブック」によると、リースバックとは、「住宅を売却して現金を得て、売却後は毎月賃料を支払うことで、住んでいた住宅に引き続き住むサービス」とわかりやすく定義されています。ここで「住宅のリースバック…」となっているのは、リースバックは住宅に限らず店舗や一棟ビルなどのケースもあるからです。日本における代表的な事例としては、詳細は不明ですが、2021年に電通グループが保有する東京・汐留の「電通本社ビル」を、ヒューリックなどが出資するSPC(特別目的会社)に売却し、リースバックしたニュースが大きく報じられました。その売却価格はなんと3,000億円規模ということです。アメリカなどでは、事業用不動産を資金調達のためにリースバックすることがめずらしくないとのことですので、今後は日本でも同様のケースが増えてくるかもしれません。

カテゴリ: お役立ちコンテンツ 未分類 タグ:
先頭に戻る